開催までの流れ

STEP 1

中小企業会計・啓発普及セミナーは、過去4千件以上の開催、延べ12万人以上の受講実績を持つ、実績のあるセミナーです。認定支援機関の皆様におかれましては、中小機構との共催により本セミナーを開催することで、既存のお客様のみならず、新規のお客様にも広くPRするチャンスとなります。信用力のある決算書を作成することで、自社の経営を分析することが可能となるほか、取引先からの受注拡大、金融機関からの資金調達力の強化等のきっかけをつかむことも可能となるでしょう。ぜひ、本セミナーの開催について検討し、お申し込みください。

STEP 2

まずは、開催内容のほか、開催スケジュール、開催場所の選定をお願い致します。担当講師は当機構にて選定を行いますが、開催機関で選定を行い、紹介することも可能です。
開催概要が決まりましたら、【開催計画書・開催確定通知書】 の作成、送付をお願い致します。送付先は、全国団体もしくは事務局となります。講師が決まっているのであれば、【講師略歴】 も作成、送付します。提出された【開催計画書・開催確定通知書】を確認のうえ、開催承認書を事務局より発送します。講師には、事務局より講師依頼を行います。講師が 決まっていない場合は、講師を選定し、開催機関へ確認します。

STEP 3

開催に向けて、受講生の募集のほか、講師との調整、当日の受入体制の整備等、準備をお願い致します。受講者用テキスト等、開催に必要な資料を無料でお送りしますので、【受講者用資料発送依頼書】 の作成、送付をお願い致します。受講者数が固まっているのであれば、【開催計画書・開催確定通知書】と一緒に【受講者用資料発送依頼書】を送って頂いて構いません。

STEP 4

当日の運営は、開催機関の皆様で取り仕切って頂きますようお願いします。参加者数を確認させて頂きますので、【受講者名簿】 を整備(取得)するほか、所定の書式による【アンケート調査】 をお願い致します。

STEP 5

【開催実績書】 の作成、提出のほか、【受講者名簿】の提出をお願い致します。【開催実績書】の内容を確認し、講師に謝金をお支払いします。【アンケート調査】につきましては、開催後に案内をお送りしますので、WEB上での入力をお願い致します。

STEP 6

開催に要した所定の費用は、分担金として実費をお支払い致します。【開催実績書】、【受講者名簿】の提出ほか、改めまして【業務完了報告書兼分担金請求書】※ の作成、送付をお願い致します。分担金の支払い項目、支払い条件につきましては条件がありますので、確認の上、証憑資料を添えて請求ください(詳しくはマニュアル、FAQ等を参照ください)。確認後、開催機関に分担金をお支払い致します。

  • ※【開催計画書・開催確定通知書】【講師略歴】【受講者用資料発送依頼書】【開催実績書】【受講者名簿 】【アンケート調査】【業務完了報告書兼分担金請求書】の書類は、各種資料ページの【会計セミナー 書式】にまとめてございますので、データをダウンロードしてご利用ください。